粕谷伸孝のクワガタ的道楽人生
by dorcus1017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
最新のコメント
> 中柴さん 先日はお..
by dorcus1017 at 08:09
粕谷さんこんばんは。 ..
by 中柴 at 21:49
佐藤さん、お久しぶりです..
by dorcus1017 at 17:28
なかなかタイミングが合わ..
by dorcus1017 at 18:02
> 関根さん 有難うご..
by dorcus1017 at 08:23
> 山内てすさん 毎週..
by dorcus1017 at 08:38
> 関根さん、連絡ありが..
by dorcus1017 at 16:24
クワガタ新年会盛り上がる..
by dorcus1017 at 08:06
観光地で行列が出来るお店..
by さびくま at 09:42
まゆゆは本当に可愛くて、..
by さびくま at 09:38
検索
タグ
(30)
(20)
(15)
(5)
(5)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オオクワガタメスの捕食について
国産オオクワガタをつがいで飼育していると、

大抵オスメス仲良くしていることが多いが、

稀に事故もある。

たとえば2頭をずっとケースの中に一緒に入れておくと、

交尾をすませたメスは受精卵を体内持つと産卵のために木を削る作業にはいる。

しかしそこに再度交尾を求めるオスがメスにちょっかい出すと、

怒ったメスはオスの附節を食い千切ったり、

あるいは交尾を拒否するメスにオスは逆上し

大アゴでメスを真っ二つしてしまうことがある。

このような事故は成熟した♂♀をケース内に1週間程度一緒に入れ、

その後オスを取出し別のケースに入れてやればほとんど回避できる。

今年越冬明けのつがいをケースに入れ10日位経ったので

オスを取り出そうとケースを開けると、

メスがオスの後部(下腹)に噛み付いていた。

よく見ると、オスの体液を吸っているようだ。

メスは蓋を開けたせいかスルスルとオスから離れ、

マットの中に潜ってしまった。数時間後、

ケースを外側から見ると再びメスはオスに食らい付いていた。

さらに部屋が明るかったせいかオスをケースの中のホダ木の下に

引きずり込んでしまいケースの外側からでは見えなくなってしまった。

よく朝ケースを確認するとマットの上に下腹のない半死状態の

オスがもがいていた。

まるで鳥に食われた後のように…。

長年オオクワガタを飼育しているなら

経験ある方もいるかと思いますが、

おそらくオスを襲ったメスは産卵に必要なたんぱく質補いたかったのでは…。

しかし40ミリそこそこメスが70ミリ近い大型のオスを襲うとは…。

カマキリだってメスの方がオスより大きいから襲うのはわかるが…。


このメスは一体???

野外では同種のオスよりミヤマクワガタなどが

餌食になるケースが多いと思われるが

1度オスを襲ったメスはまた別のオスを入れると

そのオスを再び襲うという話を聞いたことがあるが

オスの体液の味を覚えてしまったからだろうか・・・

恐ろしい

これもりっぱな子孫を残すための自然の掟なのだろうか。

以後このメスの動向を観察することにした。

b0187591_2137754.jpg
b0187591_21371942.jpg


by dorcus1017 | 2012-05-15 21:38 | 生態観察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dorcus1017.exblog.jp/tb/18295532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 牛すじカレー GW山菜&クワガタツアー⑤ >>