粕谷伸孝のクワガタ的道楽人生
by dorcus1017
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
最新のコメント
> 中柴さん 先日はお..
by dorcus1017 at 08:09
粕谷さんこんばんは。 ..
by 中柴 at 21:49
佐藤さん、お久しぶりです..
by dorcus1017 at 17:28
なかなかタイミングが合わ..
by dorcus1017 at 18:02
> 関根さん 有難うご..
by dorcus1017 at 08:23
> 山内てすさん 毎週..
by dorcus1017 at 08:38
> 関根さん、連絡ありが..
by dorcus1017 at 16:24
クワガタ新年会盛り上がる..
by dorcus1017 at 08:06
観光地で行列が出来るお店..
by さびくま at 09:42
まゆゆは本当に可愛くて、..
by さびくま at 09:38
検索
タグ
(30)
(20)
(15)
(5)
(5)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山梨の思い出
日曜日の朝、早起きして外に出てみると、
冷たい冬の空気の匂い....。

ふと、この匂いを嗅ぐと昔山梨に冬のオオクワガタ採集に
行ってたことを思い出す。

90年代は毎年大晦日に山梨に採集に行くのが
恒例になっていた。

寒い朝、家を出るときは辛いのだが、中央道で笹子トンネルを
抜けると絶景の富士山、冬山が拡がる。

帰りは、どこのサービスエリアか忘れましたが、お雑煮をタダで
ふるまってくれるところがあり、冷え切った体を暖め、
中央道では河口湖に向う暴走族の仮想を横目で見ながら
都内にもどるというパターンだった。

中でも印象深いのは、2000年の大晦日、20世紀最後の採集で
最後に採集したのが、台場クヌギの半枯れ部分から割り出した
卵と初齢幼虫だった。
卵は残念ながら孵化しなかったが、初齢幼虫は3つのうち1頭が
77ミリで孵った。
今では珍しくないサイズだが、当時では驚きだった。



そんなことを朝の空気の匂いから思い出してしまった.

冬の山梨かぁ~。

たまにはいってみたいなぁ。

下の写真は21世紀のものです。
b0187591_102452.jpg


by dorcus1017 | 2010-12-27 10:02 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
マスターマインドのラーメン
昨日、マスターマインドの先月マカオで開催されたファションショーの
上映会があったので、観にいってきました。

マスターマインドのデザイナーの本間さんは物つくりにおいて、
メイドインジャパンにとても拘っている方で、私が仕事でやっている
松阪牛の革にもとても興味もって頂き、革小物関係で数年前より
お手伝いさせてもらっています。

そんなこともあり国内でやる新作発表会などはちょくちょく顔を出させて
もらってます。

マスターマインドはファション業界で先端を走っているだけではなく
毎回、業界外の意外な試みを本間さんが仕掛けるので
それを結構楽しみにしていたりしました。(コラボの幅が広い)

で・・・・・

今回はなんと ヌードル???

九州の秀ちゃんらーめんとのコラボでラーメンのどんぶりを
作っていました。

黒いどんぶり。

b0187591_1062996.jpg


ラーメンとどんぶりという組み合わせで青山のTHE CONTENPORARY FIXで
来年の1月に3日間、MASTER NOODEL として販売するという話。

日本人が作るラーメンは今や世界で認められつつある。
これもやっぱりメイドインジャパンからくるこだわりなのでしょうか。
自分的には実にウケました。

だたこのラーメンもどんぶり付きで¥2940にもかかわらずとんでもない行列が
できるんだろうなぁ~。

上映会では帰りにバンダナとキーホルダーのおみやげまで
頂き、楽しい上映会でした。
b0187591_10154999.jpg


by dorcus1017 | 2010-12-25 10:16 | Trackback | Comments(0)
ガルーシャの名刺入れ
かっこいい名刺入れを頂きました!

最近、仕事でお世話になっている職人さんで
川井さんという方が、作ったガルーシャの名刺入れです。

これまで見てきたガルーシャの名刺入れでは
これほどのものは見たこと事はありません。
ゴバの仕上げ、きれいにかかったステッチ
近いものでヴォッテガで、出ていますが
商品的にはこちらのものが上だと思います。

b0187591_9311530.jpg
b0187591_9315490.jpg


ヨーロッパの高級品をこんな見事に作ってしまう
さすがです。

やはりいい物はさわり心地もいいです。
大事に使わせてもらいます。



ガルーシャとはエイ革のことでイタリア語です。
フランスではスティングレーと呼ばれています。

by dorcus1017 | 2010-12-21 09:32 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
上野界隈の美味しい店  その3
上野の松坂屋の前から中央通りをアキバ方面に100M位歩いていくと、

「ハルビン」とう中華料理さんがあります。

なぜか通り沿いに蔵前橋通りにぶつかるまでに2店舗あります。

2店舗とも階段で地下に降りていく店舗なので、うっかりすると

通り過ぎてしまうのですが、黄色い看板が目印です。

自分はここの坦々麺がオススメで、ランチタイムなどで

よく利用しています。

メニューには坦々麺と黒ゴマ坦々麺があるのですが、普通の

坦々麺がとてもクリーミーで美味しいです。

お昼のセットだと、坦々麺+ミニチャーハン+アイスコーヒーで

750円ととてもリーズナブルです。

何を食べても、安くておいしいので、ディナーでもいい感じですよ。

上野界隈には安くてうまい中華は結構ありますが、

自分的にはベスト3に入る店です。
b0187591_944192.jpg
b0187591_94597.jpg
b0187591_9454929.jpg


by dorcus1017 | 2010-12-17 09:46 | グルメ | Trackback | Comments(0)
ジモンさんの財布
数年前、会社の仕事で、商品の企画をやっていた時、ジモンさんと一緒に
松阪牛の革を開発した。
私はその革を使い、時計バンドや革小物を作り、「さとり」というブランドをつけ
高級時計店とかセレクトショップに販売に販売し始めました。

松阪牛の革は通常の牛革と違い、革に含まれている油分で特殊な艶がでる
特徴があります。
お財布なんかでも使いはじめて、1~2ヶ月で、表面に艶が出てきて
コードバンのように光ります。

その革を使って、ジモンさんから、別注オーダーが入った。
アイデアマンの彼が考案した財布は、今流行のラウンドファスナーで
外側はブラック、ヌメ革で
b0187591_9333634.jpg
b0187591_9335619.jpg
内側がゴールドという思い切ったものだ。

通常このタイプお財布はヴィトン、ボッテガの形なので、お札がユーロー紙幣用に
なっているため、円紙幣をいれるとちょっときつめになります。
そこでジモンさんは「お金が窮屈に入っているとお金が貯まらない。だからポケットを
もう少し横に長くしたほがいい。」とか「、風水で縁起のいいゴールドにしよう。」とか
さまざまアイデアをだした。
b0187591_9424688.jpg
b0187591_94326.jpg


注文を受けて改良改良を重ね、やっとできた財布をやっと昨日、ジモンさんに
渡すことができた。

するとジモンさんは「この財布の口を開いて、満月の翳すと、お金が貯まるんだ。」
意味深なことを言ってました。

この語ればまだまだ沢山意味のある財布をジモンさんを2万5千円でサイトで販売すると
言ってました。

作った自分がいうのもなんですがこれはお値打ちもんだと思いますよ。

by dorcus1017 | 2010-12-16 09:52 | 仕事 | Trackback | Comments(4)
今年最後の山遊び
11日の早朝、私と樋口君は日本海の見える上越に向かった。
久しぶりの採集とあって私は心が躍った。

関越道をひたすら北に走った。

b0187591_20473013.jpg


柿崎ICで桜井さんと合流して、さっそくポイント探しを始めることに。

今回のテーマは上越地区の新ポイントを開拓することだ。

海からそんなに離れていないところに無数の池がある。
そんな水周りだとか、里山周辺を回った。

b0187591_2053632.jpg


しかし期待していたより作業は難航した。
やがて雲いきも怪しくなり雨が・・・

ここで流れを変えるために田舎そばを食べることにした。

食後は場所を大きく移動して、ある林に入った。

すると

樋口君が「いいブナを発見しましたよ。」ニヤニヤした。

彼の指差すブナを見るとなんと!

半枯れの部分にオオクワガタの産卵痕が付いているではないか!

みんなどうか産んでますようにと祈った。

代表で私がナタを入れてみると

ななんと初齢幼虫の食痕が・・・・!

やった!

b0187591_2114223.jpg


慎重に慎重に削っていくと、2齢幼虫が顔を出した。

b0187591_2133779.jpg


やっとオオクワガタの顔が見れた!(何度みてもこの瞬間がたまらない)

この木からは計5頭の2齢幼虫がはいっていた。

1度オオクワガタを見ると贅沢なり、今度は終齢か成虫の顔が見たくなり
3人は俄然張り切ったが、日が暮れてしまった。

夜は桜井さんが柏崎にある刺身の美味しい「魚処おおはし」に
連れて行ってくれた。
どのお刺身も新鮮で美味しかったが、寒ブリの刺身は油がのっていて
甘く、しびれるほど美味しかった。
b0187591_21122037.jpg


翌朝は樋口君と2人で雨の中、また違う山に入った。

彼は山に来た以上、どうしても終齢幼虫の顔が見たいと
張り切っていた。

私も同感だった。

山に入り採集を開始すると、途中今日仕事でこられない桜井さんから
何度か連絡が入った。気になってしょうがないのだろう(笑)

昨日より気温も低く、雨もみぞれ交じりの中、
いい木を見つけるため、息を切らしながら
急な斜面をカニ歩きしながら突き進んだ。

その甲斐あってか、樋口君が立ち枯れの根元から
終齢幼虫を割り出した。

b0187591_21214359.jpg


さすがだ。

今の彼は技術、気合ともにピカ一だ。

終齢幼虫の顔を見ると今までの疲れがどこか吹き飛んでしまう。

目標も達成できたので私たちは山を降りることにした。

今回も山の自然を堪能し、オオクワガタの顔も見れたし
満足だった。

そして私を楽しませてくれた2人の友人には感謝感謝でした。

おつかれさま・・・・。

by dorcus1017 | 2010-12-12 21:33 | Trackback | Comments(0)
ヘッドスパ
粕谷家では代々ハゲの家系で、自分の父親はもちろん
祖父もそのまた祖父もハゲです。
そんな家系なので、自分も幼い頃から、髪が細くテンパで
ある程度覚悟はできていました。

年と共にオデコのそりが上がってくるのを感じでいましたが
若禿げにはならなかったものの、年々オデコの生え際は
上がってくるし、頭のトップは涼しくなってきていよいよ来たな
と思っていました。

そんな中、知り合いになった友達がヘッドスパの小林先生です。
先生はハゲのカリスマとよばれ雑誌や本で有名な方だったので、
思い切って、ヘッドスパにチャレンジすることにしました。

お店は中野駅の北口のブロードウェイ通り抜けた所にある 「サイエ」 というお店で

エステやリラクゼーションなどまったく無縁だった自分は
いささか緊張しながら頭皮洗浄マッサージを受けました。

まず現在の頭皮の状態をチェックしてから、カリスマである小林先生に
シャンプー及びマッサージを受けた。
入念に頭皮から首筋までマッサージして頂いた。
気持ちよくてかなりリラックスしましたが
時折、頭皮が張っているせいかマッサージの際、我慢できるギリギリの
激痛が走った。(ここがポイントなのかなぁ・・・?)

その甲斐あってか、マッサージ終了後は頭も首も軽くなり
夜風が爽快に気持ちよかった。

さらに驚いたことに翌朝、目が覚めると顔のむくみが
とれていてとても爽快でした。

育毛だけでなく、他の部分にもいい影響があるみたいで
癖になりそうです。

自分のような感じたことがある方は、ぜひ試してみるといいと
思いますよ。
b0187591_16333188.jpg

http://www.ikumou1.com/

by dorcus1017 | 2010-12-09 16:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
パティ ボイドの自伝
先月、ふらっと立ち寄った本屋さんで、パティボイドの「ワンダフルトゥデイ」
という自叙伝を発見した。
パティボイドと言えばビートルズのジョージとクラプトンの奥さんだった人で
前から気になる存在だった。

14歳の時、ビートルズの映画ア ハードディズナイトで初めて彼女の映像を
見た時、なんてキュートで可愛いい人なんだという印象だった。
やっぱりジョージが口説くだけのことはあるなと思った。

彼女の存在で、2人のスーパースターがサムシング、レイラなどの名曲を生み出
したということは凄いことだ。
またジョージの妻でありながらクラプトンを愛してしまった彼女。

親友である2人の人間関係。気になることが結構あったので、思わず購入した。

内容は彼女生い立ちから半生を彼女の視線で赤裸々に記されていて感動した。
特にジョージとクラプトン、パティの関係は自分なりに理解することができた
ような気がする。

また身内から明かされるビートルズやクラプトンのエピソードも胸がときめく
場面がいくつかあった。

それにしてもパティボイドって、ステキな女性ですね。
b0187591_8584982.jpg
b0187591_8595079.jpg


by dorcus1017 | 2010-12-07 09:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
二分の一の確率
毎日、会社に行くときJR御徒町の駅から昭和通りの交差点をわたる。
その時、いつも自分が交差点の前にたどり着くと、赤信号で待たされている
ような気がした。
それで意識して、今日はどうかな?とチェツクしてみると

6回中5回待たされている。 やっぱし・・・。

交差点の場合、どっちかが青信号だから2分の1の確率のはずである。
多少の前後はあるにして、どっちかが極端に赤信号長いというかんじ
でもないのに・・・。

そういえば自分は2つのものをどっちか選択しなければならない場合
なにかとババをひいてしまうことが多いということに気づいた。

例えば、前と後ろを確認しないでシャツを頭からかぶると必ず前と後ろが
逆だったり。複数でジャケンすると強い方だが1対1でジャンケンを
すると負けが多い。

それに対し、会社の宴会で400人位の中から、10人だけ商品があたる
くじなんかでは毎年当たったり(3年連続)
パーティーのビンゴ大会で当たる時は1番最初に当たることが多く
クワガタ採集でも複数の木や外灯から最初に選んだ木や外灯で
オオクワガタを引き当てることも多い。

どうも選択肢が、ある程度拡がったほうが自分は引きが良かったりする。

ということは、宝くじなんか買った方がいいのかなぁ・・・。


これって、何か見えない自分の法則があるのだろうか?

皆さんは考えたことありますか・・・・?

by dorcus1017 | 2010-12-04 10:01 | 雑記 | Trackback | Comments(0)