粕谷伸孝のクワガタ的道楽人生
by dorcus1017
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
最新のコメント
> 中柴さん 先日はお..
by dorcus1017 at 08:09
粕谷さんこんばんは。 ..
by 中柴 at 21:49
佐藤さん、お久しぶりです..
by dorcus1017 at 17:28
なかなかタイミングが合わ..
by dorcus1017 at 18:02
> 関根さん 有難うご..
by dorcus1017 at 08:23
> 山内てすさん 毎週..
by dorcus1017 at 08:38
> 関根さん、連絡ありが..
by dorcus1017 at 16:24
クワガタ新年会盛り上がる..
by dorcus1017 at 08:06
観光地で行列が出来るお店..
by さびくま at 09:42
まゆゆは本当に可愛くて、..
by さびくま at 09:38
検索
タグ
(30)
(20)
(15)
(5)
(5)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

びーくわ最新号の三昧番外編1
ついにびーくわに昨年のお盆ツアーの採集記が掲載されました。

昨シーズンの採集をとおして今思うに、1番印象深いだった。

と思います。

今回は誌面ではカラーでなかった画像やその時のちょっとしたエピソードに

触れたいと思います。

青森の2日目の採集。この日も夜間風が強く本当に肝を冷やしました。

月の影響もなく気温もまずまずこんないい晩なのに

おそらく、風がなかった大変なことになっていたと思います。

しかしそこがそういかないのがオオクワ採集です。

そんな中でもボロメスが1頭飛来してくれたのは今更ながら

本当にラッキーだったと思います。

b0187591_08465448.jpg
b0187591_08471613.jpg
b0187591_08472737.jpg


b0187591_08582217.jpg

もしこのメスが完品だったら、飛来速度が増していて橋の上には落ちなかったのでは?







                  ここで1つお詫びがあります。


ビークワの誌面で紹介させて頂いた八戸インセクト研究会の田野岡氏の名前が

田名岡となっていたことを深くお詫びいたします。

これは私のミスです。

本当に深くお詫び致します。

b0187591_08591365.jpg





by dorcus1017 | 2014-01-28 09:07 | 採集 | Trackback | Comments(0)
ノコギリクワガタの性モザイク3
今回でモザイク個体シリーズは最後の個体になりました。

b0187591_15415462.jpg


ほとんど雌で少し雄のモザイクがかかっています。

この個体は2004年8月15日に長野県下伊那郡松川町で

採集されたものです。

b0187591_1542787.jpg


採集者は荻須隆二さんです。

b0187591_1551282.jpg


このような個体は普通の人が見たら、モザイクと気づかないかもしれません。

b0187591_15425539.jpg


ただ頭部の右側に雄のモザイクが出ているのに対し、中脚、後脚は左側に

雄の特徴が出ています。今まで紹介した個体とは違い

この辺りが興味深いところです。

あと最後に1つ。

堀部氏とも話したのですが、これらの5個の採集者のうち

高橋 隆さん、早川隆一郎さん、荻須隆二さんはすべて

文字がつくのは偶然しても、不思議な感じがします。

by dorcus1017 | 2014-01-26 16:04 | 生態観察 | Trackback | Comments(0)
ノコギリクワガタの性モザイク2
今回は愛知県の豊橋市で採集された中歯型の個体です。

この個体も左右見事に割れています。

b0187591_08061947.jpg

またこの個体の頭部は雄と雌の光沢の違いがはっきりわかる

特徴をもっています。

b0187591_08423186.jpg
前回のモザイク個体とは色も赤味を帯びていて、違った印象を受けます。

通常モザイク個体の場合、雄雌の特徴が出るとき、完全に特徴が出きらない部位

例えば雄の大アゴが伸びきらなかったり、符節の長さが中途半端だったりすることが

多いのですが、この個体はそのような部位が極めて少ない個体です。

b0187591_17153200.jpg
素晴らしいという一言で、言い表わすことのできる個体です。





by dorcus1017 | 2014-01-23 17:18 | 生態観察 | Trackback | Comments(0)
羊毛フェルト人形 わたわた
 
ハンター仲間の侑加ちゃんが、アキバのUDXの前にある

バルブというお店のコレクターズショーケースに

羊毛フェルト人形のブランド「わたわた」をデビューさせました。

b0187591_12561666.jpg

わたわたは羊毛フェルトに針作業を施し、製作していく

とても繊細な手づくりの一点ものです。

b0187591_12551826.jpg

自分がこの「わたわた」を始めてみた時、羊毛フェルトで

ここまで表情が出せるものなのかと、感動しました。

b0187591_12580922.jpg
「わたわた」は動物が基本モチーフなのですが、その中にいきなりカメレオンが

入っているところ、いかにも彼女らしさを感じます。

創造力豊かな彼女の作品は

見る人の目を楽しませてくれます。

b0187591_13140625.jpg

皆さんもアキバに来られる機会があれば

ぜひ、この不思議な「わたわたワールド」を

覗いてみて下さい。









     



by dorcus1017 | 2014-01-22 13:14 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
ノコギリクワガタの性モザイク1
ノコギリクワガタのモザイク個体にしてはかなり大型の個体になります。

b0187591_923669.jpg


この個体も左右見事に雌雄が分かれています。

しかし頭部はやや雄の方が優勢の様です。

b0187591_9233635.jpg


この個体は2008年8月に和歌山県で採集された個体だそうです。

詳細はわかりませんが採集時期から考えてこれも樹液採集ではないかと

考えられています。

b0187591_925753.jpg


ノコギリクワガタの大歯型のモザイク個体を見るのは私自身初めてだったので

かなりの感動がありました。

by dorcus1017 | 2014-01-19 09:30 | 生態観察 | Trackback | Comments(0)
北海道のチーズおむれつ
通勤でJR目白駅を降りると

改札脇にあるWeeklyのお店が

スナッフルズになっていた。

このお店は以前、函館に住む友人から

教えてもらったスイーツで、当時国内線のCAたちの間で

話題になっているチーズおむれつがあるお店で

函館に行くたびに買ってかえったほど

ハマッたスィーツでした。

b0187591_13314964.jpg

さっそく、チーズおむれつを買って帰りました。

b0187591_13321634.jpg
おむれつといっても冷たいスフレタイプのチーズケーキです。

大きさは直径4センチくらいの大きめなたこ焼きほどのサイズです。

b0187591_13323568.jpg
ひと口、パクつくとこんなかんじ。

しっとりとしたチーズクリームの中にバターの味が混じり


なんとも言えない美味しさです。

今週中にもう1回くらい買いにいきそうです(笑)




by dorcus1017 | 2014-01-16 13:40 | グルメ | Trackback | Comments(0)
ミヤマクワガタの性モザイク2
前回に引き続きミヤマクワガタの性モザイクです。

b0187591_10095451.jpg

左右じつに見事に雌雄が分かれている個体です。

性別の違いで黄斑の出かたまで違うのですね。

b0187591_09541736.jpg


採集地は三重県津市です。

b0187591_09542955.jpg
ここまでいくと、まさしくアシュラ男爵ですね。




by dorcus1017 | 2014-01-15 10:13 | 生態観察 | Trackback | Comments(0)
ミヤマクワガタの性モザイク1
新年友人のお宅に遊びに行った際、いろいろな標本を

見せていただいた。

その中に珍しい性モザイクの個体がいくつかありました。

それらを紹介したいと思います。

b0187591_1943133.jpg


この個体は2004年7月3日佐賀県唐津市千々賀山田という場所で

樹液についているところを当時小学1年生だった高崎 隆さんが

採集したものだそうです。

サイズは50ミリオーバーの個体です。

b0187591_19432772.jpg


オスの個体に右上部を中心にメスがモザイクになっています。

b0187591_19434732.jpg


上部の割れかたみごとに半分になっています。

左側のオスの部分の大あごはモザイクのせいか伸びきらず、先端部がやや下に向きです。

しかしこんな個体が樹液についていたらビックリですね!

by dorcus1017 | 2014-01-13 19:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
新潟のお正月
採集を終えて、山を降りたあとは、温泉に浸かり

堀の内にある料理屋魚野川へ向った。

b0187591_08432126.jpg

本来、正月の1,2日はお休みの予定だったのに

特別に大将のはからいでお店を開けてくれた。

ありがたいです。

さっそく出てきたのが佐渡産のブリ。

b0187591_12150989.jpg

これは通常の寒ブリとは油ののりが違い

舌触りが素晴らしかった。

b0187591_12152770.jpg

次は自家製のソーセージとホタテ。

網焼きでそのまま頂きました。

b0187591_12155349.jpg

続いてはこしひかりの米粉で作ったピザ。

神楽南蛮味噌のついたピザは独特の味で

これはここでしか味わえない逸品です。

次は車えび。正真正銘の本物でした。

粉おばしく甘みがとても美味しかったです。

b0187591_12164467.jpg

ピザにかぶりつく哲ちゃん。

腹も満たされてきたが

b0187591_12165869.jpg

ここでキノコ鍋。

具材たっぷりのヴォリーム

これ以外に猪のお肉、おそば、アイスクリームなどなど

4人のお腹は破裂しそうでした(笑)

このあと桜井さんに浦佐駅まで送ってもらい新幹線に乗り込みました。

日帰り旅行にしては充実し過ぎていた1日でした。





by dorcus1017 | 2014-01-09 12:18 | グルメ | Trackback | Comments(0)
冬の新潟(後編)
                 さっそく深々と雪が降っている雪山に
b0187591_09224443.jpg



夏では見られない山肌をじっくり

b0187591_09302202.jpg
チェックしながら、峠越え

思っていたより雪が少ないので

いい木を見つけられるかな?
b0187591_09323450.jpg
すると、ある斜面に気になる立ち枯れが
b0187591_09571697.jpg

さっそく、斜面を駆け上がる。

ん・・・・・・
b0187591_09575889.jpg
これはちょっと古い感じだが

あやしい木だ。

ん・・・・・
 
枯れている部分を崩してみると

おっと!
b0187591_09583854.jpg

オオクワではなく

越冬中のコカブトが・・・・

一瞬ドキっとした。

それにしてもこの木は朽ちてる部分すべてに


幅3センチ位の食跡が走っているので

生唾を飲み込みながら、木を崩した。

ところがいくら崩しても、虫が何も出てこない。

すると

クワガタの死骸がでてきた。
b0187591_10014496.jpg

ん!このスジは

まさしくオオクワガタのメスの一部だ。

しかしこのあとも幼虫、成虫もまったく

姿をみることができなかった。

これだけ食跡があるのに・・・・。

結論

木の表皮から見てこれはおそらく

寄生蜂の幼虫のしわざだろう。

終齢幼虫の時期に寄生されたため

死骸すら残っていないのだろう。

1年前にこの木に出会えれば

おそらくタコ採れだったでしょう。

上越地区のオオクワガタは寄生蜂による

とても多く、数年前にもこのような状況に

遭遇したことを思い出した。

知らない山でオオクワガタの棲息を確認できたことで

満足する事にして、山を降りた。










by dorcus1017 | 2014-01-07 10:05 | 採集 | Trackback | Comments(0)